海外FXデモ口座開設方法

海外FX業者へアクセスする

海外FX業者を選んだら、デモ口座を開設したい海外FX業者のホームページへアクセスします。

だいたいどの海外FX業者も「デモ口座開設」というボタンや案内が表示されていますので、「デモ口座開設」ボタンをクリックします。

尚、デモ口座はバーチャル口座とも言われますが、海外FX業者のサイトではバーチャル口座とは表示されておらず「デモ口座」と表示されています。

デモ口座開設フォームに入力する情報

「デモ口座開設」をクリックして進むと、デモ口座開設フォームが表示されます。

口座開設フォームに入力する情報は、個人情報と取引に必要な情報のみです。

デモ口座で入力する情報
  1. 姓名

  2. 住所

  3. 電話番号

  4. Eメールアドレス

あとは、「仮想の金額」「最大レバレッジ」「取引ツール」の3つの情報を選択すればOKです。尚、海外FX業者は、デモ口座開設フォームに日本語を使うことができませんので、全てローマ字(英語表記)にて入力します。

取引に使用するログイン情報の取得

デモ口座開設フォームに上記の必要情報を入力してデモ口座開設が完了すると、登録したメールアドレス宛にログイン情報が届きます。(海外FX業者によっては、最初に確認用URLが受信され、URLをクリックすることで登録完了になる仕組みもあります)

メールで受信されたログイン情報は、「サーバー番号」「ID番号」「パスワード(非表示又は自分で決めたパスワードの場合もあり)」の3つです。

これらのログイン情報を使用して、取引ツールMT4やMT5へログインします。

取引ツールMT4やMT5のダウンロード

海外FX業者の取引ツールは、MT4(MetaTrader4)が一般的です。デモ口座で取引する場合もMT4を使用します。

MT4は、海外FX業者のホームページからダウンロードできます。海外FX業者のホームページメニューの「取引ツール」又は「プラットフォーム」をクリックすると、MT4のダウンロードリンクが表示されるはずです。

その他、MT4を開発するMetaTrader社のホームページからもダウンロードできますが、デモ口座開設をした海外FX業者のホームページからダウンロードした方が簡単でしょう。

デモ口座に必要なもの

デモ口座に必要なものは、インターネット回線とEメールアドレスくらいです。

インターネット回線は、早い回線の方が適していますが、今の時代であればどのインターネット回線でも問題なく利用できます。

また、デモ口座開設は、Eメールアドレス宛にログイン情報が受信される為、Eメールアドレスが必要です。Eメールアドレスは、別に有料のメールアドレスを用意する必要はなく、GmailやYahooのフリーメールで問題ありません。

デモ口座開設までの時間

デモ口座開設は、約1分で完了します。口座開設フォームに簡単な情報を入力して登録するだけです。

登録後は、メールアドレスにログイン情報が届きます。そのログイン情報を元に取引ツールMT4へログインして、取引を開始します。

デモ口座開設〜取引までの時間を含めても約5分程で完了します。

海外FXデモ口座開設するには

気になった海外FX業者を見つけたら、海外FX業者のウェブサイトに表示されている「デモ口座開設」ボタンをクリックして、デモ口座開設フォームへ移動します。

口座開設フォームに入力する情報は、氏名や住所、メールアドレスのみです。迷惑メールや郵便物が届いたりすることはないので安心してください。

その後、登録したメールアドレスにログイン情報が届きます。ログイン情報を使って取引ツールにログインし、デモ取引のスタートという流れになります。

Copyright © 海外FXデモ口座の使い方 All rights reserved